AKB48前田敦子主演「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」の7月17日放送分の第2話の視聴率が6.0%だったことがわかった。第1話の10.1%から『イケパラ』は急降下したのだが、それにはやはり理由がありました。


(以下引用)
同時間帯に放送されている『華和家の四姉妹』(TBS系)は初回13.5%、第2話は12.5%と、4月クールの同枠『仁-JIN-』(TBS系)には及ばないまでも、初回から1%しか落とさない中、『イケパラ』は急降下した。


「夏クールはイケメンドラマだらけで、各ドラマには事務所別に若手男性イケメン俳優が分散。『イケパラ』の前作はジャニーズから生田斗真が出演していましたが、今回はナシ。ジャニーズは『美男ですね』に、Kis-My-Ft2の玉森裕太、藤ヶ谷太輔、Hey! Say! JUMPの八乙女光を出演させていますからね。また、長身のイケメンが多い研音は、同事務所所属の川口春奈主演『桜蘭高校ホスト部』に竜星涼を出演させていますが、こちらも『イケパラ』の出演はナシ。その他、『イケパラ』は前作で小栗旬が務めた佐野役を中村蒼、水嶋ヒロが務めた難波役は同じく『仮面ライダー』出身の桐山漣ですが、お世辞にも前作より存在感があるとは言えない。前作と今作のキャストはまるで、AKB48で正規メンバーの代役を研究生が務める"アンダー制度"のようです」(テレビ情報誌の記者)
(引用元:サイゾー)


男性キャストがマイナーなことも理由にあるようだが、『イケパラ』が抱えている問題はまだたくさんあるという。


(以下引用)
「何しろ、主演の前田敦子がね......。前田はAKB48の中でも写真チェックが厳しいことで業界では有名。彼女はアングルによっては、あまりアイドル然としない表情になるので、雑誌などで使われている前田の写真は多くのテイクから選び抜かれた"奇跡の1枚"。AKB48の集合写真では後列のメンバーが微妙な顔をしている場合もありますが、それは前田に基準を合わせているから。


『Q10』(日本テレビ系)ではロボット役で表情をあまり変えなくて済んだんですが、今回はコメディーなので喜怒哀楽を露骨に表現しなければならない。その顔が、ネット上でダウンタウンの浜田雅功にそっくりだと話題になったり......。


また、10日に放送された『情熱大陸』(TBS系)は前田に密着しましたが、『マジすか学園2』(テレビ東京系)のロケ中に『情熱』の取材カメラがいることで演技に集中できず、マネジャーにキレ、以降、取材を拒絶。顔を台本で隠す場面や、一人フテ寝を決め込むなどの自分勝手でわがままな"素の顔"を克明に描写されました。これは、AKB48プロデューサー・秋元康氏が『これが前田の魅力』と、意図してカットせずに放送したもののようですが、やはりアンチが急増。前田に幻想を抱いていたファンは大いにショックを受けたようです」(週刊誌の記者)
(引用元:サイゾー)


主演の演技力はもちろん、人気による面は大きいと思うのですが、まずは脚本かな?という気がします。NHK大河ドラマも「江」のように。。。


それほど興味のない人も、AKB48の出演する番組をみていたと思うのですが、特に、昨年、今年とAKB48自体TVに出まくっていますから、ファン以外の人が見なくなったのではないでしょうか?


これまでのAKB48出演のドラマで視聴率が凄かったというのもなかったので、そろそろテレビ局も気づきそうなのですが…やはり、タイアップなど芸能界の力関係なのでしょうか???


とりあえず、AKBだからという理由で見る人はあまりいないのでは?


書き込みはまだありません。
222