つんくと石川梨華が現在のアイドル・ブームを語る!「核になる象徴が存在していない」


篤姫が現代の銀座にタイムスリップしてNo.1ホステスを目指す映画「篤姫ナンバー1」で主演を務めたモーニング娘。OGの石川梨華とエグゼクティブ・プロデューサーで出演も兼ねたつんく♂に単独インタビュー。


篤姫が生きた戦国時代とは違い、アイドル戦国時代といえる現在の状況を、一時代を築いた2人はどう見ているのだろうか?


ゼロ年代を代表するアイドルといえば、つんく♂がプロデュースしたモーニング娘。だろう。


数々のヒット曲を飛ばし、現在のAKB48へと繋がるアイドル・ブームを、おニャン子クラブ以降再び蘇らせた感がある。


しかしつんく♂は「僕たちの場合は、モーニング娘。ブームで、現在のアイドル・ブームに比べるとスケールが違います」と指摘。


さらに「今はアイドル・ブームというブームを作っている時代で、アイドルというキャラクターを面白がって商売にしている。アイドルになりたいという人が沢山いるけれど、日本にマイケル・ジャクソンやレディ・ガガが不在であるのと同様に、 核になる象徴が存在していない」と分析する。


現在のブームを冷静に捉えているつんく♂にこそ、新たな起爆剤投入を期待したい。


「継続は力なり。皆さんのモチベーションを下げないように常に揺さぶっていきたい」と多くを語らないが「モーニング娘。のメンバーを増やしたときに苦情が殺到したけれど、責められているときが一番楽しい。それを常に心がけていますね」と企みはあるようだ。


AKB48の柏木由紀がファンと公言していることから石川は「気になってますよ」とニッコリ。


「今の私にアドバイスできることはないですよ」と後輩アイドルたちの活躍に期待している。


書き込みはまだありません。
222