加藤 ミリヤ(かとう ミリヤ、1988年6月22日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、ファッションデザイナー。


【略歴】

1988年(昭和63年)、愛知県豊田市で生まれる。家族構成は母、弟。亡くなった父親は生前、宝石店を経営していた。

2001年、13才の時にソニーミュージック・オーディションに合格。14歳から作詞・作曲を始める。デビューの前にゲストボーカルとして参加し、CMに出演した。

小学校から中学校まで9年間、学業成績はオール5であったそうである。

2004年、シングル「Never let go/夜空」でデビュー。2005年4月、自身のコラムが原作の「ロンリーガール」のショートムービーを公開。9月にリリースした4thシングル「ジョウネツ」が、UAのヒット曲「情熱」をサンプリングして話題を呼ぶと、10月にリリースした1stアルバム『Rose』がオリコン初登場2位を記録した。

2006年、自身でデザインする洋服のファッションブランド「Kawi Jamele」(カウイ・ジャミール)をスタートさせた。

2008年11月にリリースしたサンプリングベストアルバム『BEST DESTINY』では、自身初のオリコン首位を獲得。2009年7月にリリースした4thアルバム『Ring』がオリコン週間ランキングでTOP3内4週連続ランクインした。11月、初の日本武道館公演を果たした。

2011年、初のベストアルバム『M BEST』を発売。同年8月8日、Billboard Live TOKYOにて「MTV Unplugged」に出演。


【特徴】

2004年のデビュー当時、ポスト宇多田ヒカルと呼ばれた。また、その共感を呼ぶ歌詞から「女子高生のカリスマ」と呼ばれる。

デビュー当初は「現役高校生」であることを強調されることが多かった。

CDジャケットのビジュアルイメージのコンセプト作りに参加したり、ファッションブランドをプロデュースしているため、ビジュアルやファッション面でも影響を与えている。加藤の音楽、ファッション、言動に影響される人を「ミリヤー」と呼ぶ。

楽曲の特徴として、ヒップホップのサンプリングという手法を使うことが挙げられ、この手法を日本のマーケットに浸透させたとされる。

本人はR&B、ヒップホップをベースに「コア過ぎずポップ過ぎず、その中間地点」にうまく着地点を見つけたと述べている。

(引用元:wiki)


こんな彼女が最近、「老け過ぎてヤバイ」と2ちゃんねるで話題となっている。


以下の画像で検証してみてください。




書き込みはまだありません。
222